« ワン仔のGUEST12/20 | トップページ | ワン仔のGUEST1/6 »

2005年12月30日 (金)

noncuranteの冬

今年も早いもので後1日だけとなりました。ノンクランテがオープンして秋が来て、瞬く間に冬になってしまい、年が替わろうとしています。この間、毎日毎日が新しいお客様との出会いの連続でした。本当に多くのお客様に支えられて、と言いますのもちょっとした会話の中で随分励まされたという実感があり、お陰で何とか倒れずに来れたという気がします。来年は更に美味しいと言ってもらえる珈琲を提供できるよう地道に一歩一歩努力してまいりたいと思います。がしかし、社会全体がめまぐるしく変化していく時代で、人々が珈琲をゆっくり味わって飲むことすらままならず、食事も出来合いのものやインスタント食品で済ますことが当たり前になってきている現実があり、ある種の恐怖を覚えます。せめてノンクランテにおいてだけは名前の通り気楽に過ごして欲しいものと思っております。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 noncurante_004 noncurante_007 noncurante_003

珍しく浜松も薄っすら雪化粧

noncurante_008 _005 _009 _008

因島在住の友人から贈られたリースやモミの枝です

|

« ワン仔のGUEST12/20 | トップページ | ワン仔のGUEST1/6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: noncuranteの冬:

« ワン仔のGUEST12/20 | トップページ | ワン仔のGUEST1/6 »