« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

新メニューのご紹介

いよいよ待ちに待った桜の季節となりましたね。ノンクランテの木々も芽を吹き始め、草花も青々としていろいろな花を咲かせています。この情景はまた「ノンクランテの四季」でご案内する予定です。今回は食事の新メニューをご紹介させていただきます。皆様から「もっと軽い食事があればいいナー」というお声を時々お聞きしておりますので、パスタをご用意させていただくことにいたしました。私の故郷・博多の辛子明太子を使ったパスタです。博多「ふくや」から取り寄せた辛子明太子をたっぷりと使い、お海苔もてんこ盛りのちょっと贅沢なパスタに仕上げました。是非一度本場博多の辛子明太子スパゲッティをお召し上がりください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。_004

単品¥900                         サラダと珈琲付で¥1200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ワン仔のGUEST3/21

今日は春分の日。いよいよ春本番に突入のはずが、この数日は異常に発達した低気圧のお陰で突風が吹き荒れ、折角の休みも冴えないものとなりました。しかし、WBCの決勝戦ではキューバを圧倒して、日本が見事な優勝を飾ってくれました。お陰で皆さん家に引きこもりのご様子で、お店は閑古鳥が鳴いていましたが・・・。そんな中、有難いことに、新たなワン仔のゲストが来てくれました。ゴールデンレトリバーの♂6歳の「バーディ」ちゃんとアフガンの♀9歳の「ピュア」ちゃんです。ご主人様(ご夫婦)がチャリンコでワン仔のジョギングというところでしょうか。大型犬二匹を家の中で飼われているそうです。我が家もゴールデン一匹でも十分存在感があるのに大変と思いますが、二匹ともとても仲良しで良い子なので大丈夫なのでしょう。それにしてもアフガンは動作が優雅ですが、ゴールデンはね?060321_001 060321_002 060321_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

ワン仔のguest3/14

今日は寒の戻りで本当に寒い日になりました。ここ浜松でも珍しいことに雪が舞っています。かと思えば日が差したりと変な天気。そんな中、ご主人に連れられて珈琲豆を買いに来てくれたワン仔のご紹介。ジャックラッセルテリアの♂3歳半の「リーフ」ちゃんです。ご覧の通り黄色のボールを銜えていますが、ボール遊びが大好きなワン仔です。お店にいる間中ボールを投げろと催促して、ずーっと遊んでいました。家でも飽きずにやるそうですよ。可愛いですね。060314_001 060314_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

ワン仔のGUEST3/11

今日は一気に春が来たという陽気です。気持ち良い風にも誘われて、嬉しいことにワン仔のゲストのオンパレードとなりました。何と5匹のワンちゃんでした。最初はゴールデンレトリバーの「ジョン」くん♂10歳です。ご主人がランチを取られている間、横でおとなしく待っていましたよ。何やら癌の手術をして元気になったそうです、偉いですね。060311_003 060311_005

次はラブラドールレトリバーの「リンダ」ちゃん♀4歳です。こちらは元気な盛りで、あっちこっち動き回っていました。タフでオテンバさんだから、ご主人様も暫くはお付き合いが大変でしょう。060311_001 写真もようやくこの一枚を撮らせていただきました。

さて、次のゲストはフレンチブルドックの「いぶ」ちゃん♀4歳です。何と遠く袋井からのゲストです。こちらも若さ溢れて、毛艶の良いこと。ご主人様に甘えん坊の分、他の人には少し怒りっぽいかも(笑)。でも本当に愛嬌のある顔つきですね。 060311part2_004 060311part2_002

最後のゲストは柴犬の「コロ」♂7歳とMixの「ビュー」ちゃん♀13歳です。二匹ともとってもおとなしくてお利口さんでしたよ。ご主人様のお話ではもう一匹飼っておられるそうで、もう寝たきりになった16歳の老犬とのこと。残念ながら今日はお留守番だそうです。060311part2_007 060311part2_009

ご覧の通り今日来てくれたワン仔に共通して言えることは、優しい目をしていて表情が穏やかなことです。みんな沢山の愛情を貰って生きているからでしょう。何だかこちらも嬉しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

ワン仔のGUEST3/3

随分春めいてきましたが、まだまだ風が強くてコートが放せない状態ですね。こんな中、久しぶりにワン仔が来てくれました。ヨークシャーテリアのチョコちゃん、まだ7ヶ月の男の子です。やはり外は風が強いのでご主人は屋内に、チョコちゃんは一人デッキで待機でした。一言も発しないとてもおとなしい子で、ご覧の通りスリムだからかカメラマンが怖いからか分かりませんが、可哀そうに体が震えていました。また日を改めて来てくれるそうです。060303_1530511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »