« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月20日 (日)

お客様の個展

1月20日21日はノンクランテの今年初めての連休となりましたので、心と体に好いことをしようとちょっとお出かけしました。まずはじめに浜松市北区引佐町の「まんぼう峠」にある前嶋屋さんに行き、地の野菜や全国から取り寄せられた名産品(お味噌などの食材や菓子類)の中から、好みのものを購入。そして細江町にある喫茶・ギャラリー「鳥の子」さんにお邪魔し、1月5日から30日まで開催中の足立典正さん(雄踏在住の画家)の個展を見させていただきました。ランチの終わりごろに当の足立ご夫妻も到着され、ご一緒に楽しいひと時を過ごすことができました。足立典正さんの絵は見る度にいつも心が和み、温かな気持ちにさせてくれますね。それは本来そうあって欲しいとみんなが思っている風景や人物が描きだされていることと、光の扱いが見事な点にあると個人的に思います。この個展のご案内はhttp://www10.plala.or.jp/harp-g/index.html に載っておりますので、ご興味のある方は是非行ってみてください。そして次の行き先はホテルコンコルド浜松です。この1階のオープンギャラリーでは1月16日から31日までの期間、播磨鉄牛さんの「書」と吉水大泉さんの「篆刻」の弐人展が開催されています。この様子は写真の通りですが、いろいろな書の楽しみかたや篆刻の面白さを伝えてくれています。絵画のようでいて、作品夫々に機知とユーモアがさりげなく感じられるところがいいですね。こちらも是非足を運んでみては如何でしょうか。002 001 005 007 012 014

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ワン仔のGUEST08/1/19

ついこの間まで新年のご挨拶をしていましたが、もう20日になろうとしております。この間、成人式を含む3連休があったり、片や入学試験が始まったりと、世のお母様方にとってはゆっくり休むどころか気が気ではない日々が続きますね。早くお茶する余裕が持てますようお祈りいたします。さてここ浜松もこのところ真冬らしい厳しい寒さが続いています。流石にワン仔の足も遠のいておりましたが、何と本日は3組もの新しいワン仔をお迎えできました。1組目はミニチュアダックスフンド♀4歳の「ミミ」ちゃんです。ご覧の通り、お正月だからか正装で来てくれました。2組目はアフガン・ ハウンド♂1歳半の「ノア」くんです。昨年秋に来てくれたアイリッシュセッターの「アイリス」ちゃんと家族なのだそうです。家の中に大型犬が2匹いるのは想像を超えています。亡くなったバニー1匹でも相当な存在感がありましたからね。この「ノア」くん、突然デッキを激しく走り回り始めましたのでどうしたかと思いましたら、何とウンチがしたかったようです。用を足すとまた元の優雅な立居振舞いに戻りました。3組目はトイプードル♂9ヶ月の「チャイ」くんです。寒さのせいか恥かしがり屋のせいか分かりませんが、ご主人の懐に抱かれたままでしたよ。本日は風が弱まったとは言え、外はやはり相当冷えておりましたので、3組のご主人様はホット珈琲を飲まれて早々に引き上げて行かれました。本当に寒い中ありがとうございました。少し春めいてきましたら是非また遊びに来てくださいね。080119_002_2 080119_004 080119_011 080119_013 080119_007 080119_014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

ワン仔のGUEST08/1/5

新年明けましておめでとうございます。ここ浜松は暮れから新年にかけて比較的いい天気に恵まれていますが、特有の冷たい乾いた風が吹き抜け体感温度を一層低く感じます。ノンクランテもお陰さまで3度目のお正月を迎えることができました。4日からの営業開始で、早速ワン子連れのお客様をお迎えできたと思いきや・・・。ランチ目当て(グラタン)のお客様で、初日はランチメニューなしと分かりワン仔ともども行ってしまわれました。お互い残念でした。さて、本日も冷え冷えする天候の中、新しいワン仔をお迎えできました。今年初っ端からとてもビッグなバーニーズマウンテンドッグ♂10歳の「ヴィッキー」くんの登場です。何と体重46kgもあり、一般女性を凌ぐ立派な体格。触って見ると骨太で肉がギッシリ詰まっている感じ。やはり食いしん坊で優しい仔です。この「ヴィッキー」くん、見た目はとても頑丈そうですが、気管支の調子が悪く今は病院通いをしているとのことでした。早く良くなって、お天気のいい日を選んでまた来て下さいね。080105_001 080105_003 080105_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »