« 痛々しいフランとキャンティ | トップページ | 足立典正氏の作品の最新版 »

2008年7月31日 (木)

お陰さまでオープン3周年

このところ早朝から煩いくらいの蝉の鳴き声と元気一杯のワン仔の呼ぶ声に叩き起こされる毎日です。と言うよりも自然に目が覚めてしまう年齢に達したという悲しさもあります。さて、ノンクランテもこれまで本当に沢山のお客様に支えられ、8月でオープンして丸3年の歳月が流れたことになります。4度目の暑い夏と言うわけです。夏が来ると思い出すのは3年前のちょうど今頃、、建築の内装工事が最終段階にさしかかる一方でオープン時に最小限の格好をつけるため外溝工事を自分たちの手でやったことです。本当のところは経済的な理由から自分たちでやらざるを得なかったわけですが、汗まみれになりながら何とか形だけはできたという状態になりました。お陰でメタホ寸前の体型から9kgの減量、結果的に標準体型に戻ったことが副産物でした。オープンに向けて周辺のお宅へのチラシのポスティングくらいの告知しか行わず、ひたすら口コミ頼りのとてもとてもスローな弱々しいスタートでした。それ以来、来る日も来る日も自分たちは同じことの繰り返しという日々ではありましたが、お客様にとってはいつも新鮮でゆっくり寛げる場所でありたいと思いつつやってきました。この間本当に多くの素晴らしい人との出会いがあったり、一方で愛犬を亡くしたり、正に喜怒哀楽が凝縮したアッという間の3年間という気がします。石の上にも3年とはよく言ったもので、お客様との絆を実感できるようになったのはつい最近のことのように思います。やっと少しベースができたような状態ですので、今後ともあらゆる面での品質にこだわりながら地道にコツコツと進んで行こうと気持ちを新たにしております。さてこの3年間で大きく変化したものは、建物自体の経年変化(劣化)もありますが、やはり木々たちの成長ぶりではないでしょうか。真夏の植樹でしたので根付いてくれるか大変心配しておりましたが、1本の木を駄目にした以外は皆立派に大きくなってくれています。その木々たちの様子や今のノンクランテをご覧いただければ幸いです。最後に、ノンクランテを今後とも尚一層ご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。  店主より   Dsc_5336

Dsc_5335Dsc_4934

Dsc_4905Dsc_4995_2

|

« 痛々しいフランとキャンティ | トップページ | 足立典正氏の作品の最新版 »

コメント

ファンデーションの山田です。
以前から気になっていたのですが、先日人づてに店の名前と場所を聞きました。元気に活躍している様子でとても嬉しい。
月に一度は会議で浜松に行くので、近々行かせてもらいます。
ひげ面とプードルを見たい。
(我が家もトイプーがいます。)

投稿: | 2008年8月 2日 (土) 10時16分

3周年おめでとうございます!
(いつもワンコ連れで賑やかくなってしまっていてすみません…)
ノンクランテさんは私達ワンコチームにも無くてはならない大好きなお店です!美味しい、癒される珈琲はもちろん、心のこもったお料…可愛いフランとキャンティ、そして何よりご夫妻のにこやかな穏やかなお人柄に皆さんが集まるのだと今日も痛感しました!

これからもずーっとファンです…よろしくお願いします♪

投稿: バビママ | 2009年11月21日 (土) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143571/41964869

この記事へのトラックバック一覧です: お陰さまでオープン3周年:

« 痛々しいフランとキャンティ | トップページ | 足立典正氏の作品の最新版 »