« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

お陰さまでオープン3周年

このところ早朝から煩いくらいの蝉の鳴き声と元気一杯のワン仔の呼ぶ声に叩き起こされる毎日です。と言うよりも自然に目が覚めてしまう年齢に達したという悲しさもあります。さて、ノンクランテもこれまで本当に沢山のお客様に支えられ、8月でオープンして丸3年の歳月が流れたことになります。4度目の暑い夏と言うわけです。夏が来ると思い出すのは3年前のちょうど今頃、、建築の内装工事が最終段階にさしかかる一方でオープン時に最小限の格好をつけるため外溝工事を自分たちの手でやったことです。本当のところは経済的な理由から自分たちでやらざるを得なかったわけですが、汗まみれになりながら何とか形だけはできたという状態になりました。お陰でメタホ寸前の体型から9kgの減量、結果的に標準体型に戻ったことが副産物でした。オープンに向けて周辺のお宅へのチラシのポスティングくらいの告知しか行わず、ひたすら口コミ頼りのとてもとてもスローな弱々しいスタートでした。それ以来、来る日も来る日も自分たちは同じことの繰り返しという日々ではありましたが、お客様にとってはいつも新鮮でゆっくり寛げる場所でありたいと思いつつやってきました。この間本当に多くの素晴らしい人との出会いがあったり、一方で愛犬を亡くしたり、正に喜怒哀楽が凝縮したアッという間の3年間という気がします。石の上にも3年とはよく言ったもので、お客様との絆を実感できるようになったのはつい最近のことのように思います。やっと少しベースができたような状態ですので、今後ともあらゆる面での品質にこだわりながら地道にコツコツと進んで行こうと気持ちを新たにしております。さてこの3年間で大きく変化したものは、建物自体の経年変化(劣化)もありますが、やはり木々たちの成長ぶりではないでしょうか。真夏の植樹でしたので根付いてくれるか大変心配しておりましたが、1本の木を駄目にした以外は皆立派に大きくなってくれています。その木々たちの様子や今のノンクランテをご覧いただければ幸いです。最後に、ノンクランテを今後とも尚一層ご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。  店主より   Dsc_5336

Dsc_5335Dsc_4934

Dsc_4905Dsc_4995_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

痛々しいフランとキャンティ

看板犬のフランとキャンティも生後7ヶ月となり、段々大人っぽくなって来ましたので獣医さんとも相談の上、2匹とも避妊手術を受けさせることにしました。本当のところ、2匹とも良い仔なので子供ができたらなんて素晴らしいことかと親バカで思ったりしましたが、やはりいろんなワン仔の出入りのあるお店でもあり、いざできた時の世話の大変さを考え諦めた次第です。そんなことからご覧のような姿で暫らく不自由な生活を送っております。あと1週間もすればもとの生活に戻れると思いますので、皆様また遊びに来て下さいね。080730_001 080730_007 080730_009080730_006 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワン仔のGUEST08/7/30

連日の猛暑から一昨日はようやく恵みの雨が降ってくれて、昨日今日と大分過ごしやすい天気になりました。特に今日は風もあってデッキでも日陰にいれば何とかいられるナと思っていましたら、また新しいワン仔が来てくれました。本日のゲストは珍しいワイヤーヘアードダックスフンドという犬種で大きいほうが♀4歳の「リン」ちゃん、小さめが♀6ヶ月の「ルカ」ちゃんです。この仔たちはよく似てはいますが全く血縁はないそうですよ。さてダックスフンドには3種類のサイズと3種類の毛質があるそうで、サイズではスタンダード、ミニチュア、カニへンの3つ。毛質ではスムース、ロング、ワイヤーの3つです。今日来てくれた仔はミニチュアのワイヤーヘアードダックスフンドになりますね。どうやらシュナウザーとテリアの交配でできた犬種のようです。本来的には狩猟犬ですので、賢くてすばしっこい犬ですが、可愛らしくすっかりお姫状態ですね。次はフランとキャンティと遊んでね。080730_003 080730_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

ワン仔のGUEST08/7/27

今日27日の浜松は、この夏一番の暑さとかで、最高気温も34.7度まで上がったそうです。どうりで暑いはず、ノンクランテのエアコンだけは連日フル回転状態というところです。さてこんな日にもありがたいことに新しいワン仔のゲストが何と午前と午後に2組も来てくれました。まず最初の1組はチワワの2匹連れ。黒の仔は♀3歳の「あんず」ちゃん、もう一方のベージュの仔は♀4歳の「いちご」ちゃんです。やはり暑いのか椅子の上に乗ってハーハーと息をしていました。でも鳴きもせず、ご主人がお茶されている時間大人しく付き合っていられるお利口さんでした。さてもう1組はトイプードルの♀1歳の「ナナ」ちゃんです。午後で流石に暑くご主人様には部屋の涼しいところで遅めのランチを召し上がっていただきました。その間ナナちゃんは伸びるリードに繋がれ、デッキの中をウロウロと少しでも涼しいところを探しては休んでいました。偉いですね。帰りがけに店の方に入れて記念撮影。この仔、躾がちゃんとされていて、座れ、伏せ、ゴロン、ハイタッチなどもおやつ無しでできる良い仔でした。みんなまた来て下さいね。 080727_003 080727_004080727_008 080727_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワン仔のGUEST08/7/26

連日暑い日が続いており、まさかこんな日にワン仔が来てくれるとは思いませんでしたが、そのまさかが現実に。本日のゲストはボストンテリア♂5ヶ月の「コテツ」君です。聞くところ、この仔なかなか飼い手が見つからず、今のご主人に処分寸前に引き取られ、6月末に長崎から空輸されてきたそうです。更に鼻の短いこの手の犬種は熱射病に罹りやすいということで6月で空輸を打ち切られるところだったとか。正に首の皮一枚で助かったラッキーなワン仔です。ご覧の通りとっても愛嬌のあるお顔で、舌が幅広というのが可愛いです。名前も勇ましいのでこれからきっと逞しく長生きしてくれるでしょう。また元気な姿を見せに来て下さいね。080726_005 080726_001 080726_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

看板犬フラン&キャンティのイメージチェンジ

ここにきて急に蒸し暑くなってきました。ワン仔をお持ちの皆様は朝の散歩も時間が早まっているのではないでしょうか?当店の「フラン&キャンティ」も生後半年が過ぎ、朝夕の散歩が何よりの楽しみになっているようです。「行く?」と声を掛けるや猛ダッシュでドアの方に駆けてゆきます。さてプードルは毛が抜けないとの話の通り、部屋の中が毛が舞ったり床に積もったりということがないのは助かります。しかしどんどん毛が伸びて汚れも目立ってきました。そこで暑くなってきたこともあり、初めてのカットをしてあげることにしましたhairsalon。プードルの雑誌をめくりながら、ヘアスタイルをあーでもないこーでもないと検討。その結果がご覧の写真のようになりました。カットから帰ってきた直後はまるで別(人)犬に変身している姿に驚き、自然に笑いがこみ上げてきましたsmile。太って見えていましたが、実際はこんなに細く手足が長いのに、ビックリです。ではちょっぴり大人びたフラン&キャンティの実物を見に来て下さいね。お待ちしております。080710_004 080710_007 080710_001 080710_002

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

ワン仔のGUEST08/7/6

この数日、蒸し暑い日が続いて、ワン仔たちにとっては苦痛の日々が続いています。看板犬「フラン&キャンティ」もちょっと夏バテ気味のせいか食欲が落ちていましたのでエアコンをつけてあげることにしました。するとその効果か、細身のフランの食べっぷりが俄然良くなってきました。そろそろ毛も刈ってあげないといけないようです。さてこの蒸し暑い中を新しいワン仔が来てくれました。本日のゲストはトイプードル♀2歳の「ぷう」ちゃんです。ご覧の通り綺麗にカットされ、スッキリしたルックスですね。今日は生憎当店の看板犬との交流はできなかったですが、また遊びに来て下さいね。080706_001 080706_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

ワン仔のGUEST08/7/1

このところ雨模様rainが続きましたが、今日はやっと晴れ間sunとなりました。今日から今年の後半に突入ですが、いろんな物価が上がったり、物騒な事件が多かったりで相変わらず暗いニュースばかりですね。せめて明るく元気なワン仔を見たいものと期待しておりましたら、思いが通じたのか2組のワン仔連れが来てくれました。その内1組はご新規さんです。本日のゲストはヨークシャーテリア♀6歳の「ジョディ」ちゃん。この仔、長~くなるリードを目一杯伸ばしてもらってデッキを元気に動き回っていました。写真よりも他の事が気になってなかなかうまく撮れなかったcoldsweats01。その活発な動きを写真から読み取って下さいね。080701_006 080701_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »