2009年2月 1日 (日)

足立典正さんの新しい絵のご紹介

ついこの間年明けと思っていましたら、もう1月も終わりです。年が変わっても悪いニュースばかりで新聞テレビを見るのが嫌になるくらいですね。心理的にも冷え切ってきて、こういうのを正に悪循環と言うのでしょう。しかし悲観ばかりしていてもしかたがありませんので、せめて自分たちの身の回りのことや環境を良くしたいものです。例えば部屋を奇麗にして何かちょっとした花や絵を飾ってみるとか、自然に接することをするとか、ゆったりと自分のために珈琲を淹れるとか などなどお金を余りかけなくてもいろいろできますね。さてそんな訳で今回は足立典正さんが年替わりにとノンクランテの壁面の絵を新しい絵に変えてくださいました。これでノンクランテの雰囲気も随分変わりましたよ。ご覧のとおり春ののどかな田園風景で、心が自然に落ち着いてきます。この絵のタイトルも「やさしい時間」ということで、かつて北海道のカフェが題材となったドラマを思い出しますね。皆様も時間のやりくりをしながら是非一度ご覧ください。お待ちしております。Cimg3362 Cimg3361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

足立典正さんの個展のお知らせ

皆様よくご存じの画家の足立典正さんの今年最後の個展が、ご自身の「アトリエTensei」で始まりました。今回は「冬のおくりもの」展と題して、奥さまのまゆみさんが幼いころの思い出を文章にして、それに典正さんがイメージを膨らませて描いた作品が展示されています。お二人のコラボレーションですね。音楽の世界では夫婦で作詞作曲ということがありますが、絵画では珍しいです。いつもながらの温かなタッチの絵の数々、冬の寒空のもときっと心が温まると思いますよ!皆様も是非ご覧ください。

開催期間 2008年12月4日~10日                          「アトリエTensei」の住所は〒431-0102浜松市西区雄踏町宇布見8220         ℡090-8470-8207 027_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

足立典正氏の作品の最新版

こう毎日暑いととても外に出る気になりません。しかし家でゴロゴロしてばかりだと体がなまって脳にも良くないですね。そこで皆様にご提案、涼しいカフェでしかも心が和むような絵画を愛でながら、ゆったりとした気分で美味しいホット珈琲を啜るというのは如何でしょうか?ノンクランテでは今月5日から足立典正氏の最新作2点をカフェの壁面に、また当店をモデルにした作品を店の壁面に展示しております。ほのぼのとして柔らかなタッチの作風が必ずや暑さを忘れさせ、皆様を至福のひと時に誘ってくれることでしょう。では皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。080805_020 080805_018 080805_011 080805_004

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

足立典正氏の作品展示のご案内

春が来てノンクランテより皆様にとても良い知らせができました。ご存知の方も多いかと思いますが、浜松市西区雄踏町に在住の画家「足立典正」さんのご好意でカフェに常時絵を展示していただけることになりました。彼のほのぼのとした画風と柔らかなタッチで描かれた絵は必ずや皆様を癒しの世界に導き、まったりとした時間の中でノンクランテの珈琲が一層美味しく感じてもらえること受けあいです。展示される絵は1点のみですが、季節や月替わりなど節目節目に変わっていく予定です。第1弾は地元「佐鳴湖」が描かれ、より身近に感じてもらえる絵が展示されております。「足立典正ワールド」のほんの一部ではありますが、皆様も是非一度ご覧080307_004になってはいかがでしょうか。 080308_005 

足立ご夫妻による展示作業と展示後の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

お客様の個展

1月20日21日はノンクランテの今年初めての連休となりましたので、心と体に好いことをしようとちょっとお出かけしました。まずはじめに浜松市北区引佐町の「まんぼう峠」にある前嶋屋さんに行き、地の野菜や全国から取り寄せられた名産品(お味噌などの食材や菓子類)の中から、好みのものを購入。そして細江町にある喫茶・ギャラリー「鳥の子」さんにお邪魔し、1月5日から30日まで開催中の足立典正さん(雄踏在住の画家)の個展を見させていただきました。ランチの終わりごろに当の足立ご夫妻も到着され、ご一緒に楽しいひと時を過ごすことができました。足立典正さんの絵は見る度にいつも心が和み、温かな気持ちにさせてくれますね。それは本来そうあって欲しいとみんなが思っている風景や人物が描きだされていることと、光の扱いが見事な点にあると個人的に思います。この個展のご案内はhttp://www10.plala.or.jp/harp-g/index.html に載っておりますので、ご興味のある方は是非行ってみてください。そして次の行き先はホテルコンコルド浜松です。この1階のオープンギャラリーでは1月16日から31日までの期間、播磨鉄牛さんの「書」と吉水大泉さんの「篆刻」の弐人展が開催されています。この様子は写真の通りですが、いろいろな書の楽しみかたや篆刻の面白さを伝えてくれています。絵画のようでいて、作品夫々に機知とユーモアがさりげなく感じられるところがいいですね。こちらも是非足を運んでみては如何でしょうか。002 001 005 007 012 014

| | コメント (2) | トラックバック (0)